洗顔の正しい仕方

毛穴が気になる方へ*オススメ化粧品*
毛穴を目立たなくしたい方に!草花木果の「透肌スキンケア」

ご存知、毛穴を目立たなくしてくれる超人気化粧品。 いっつも毛穴が開いてる方、凸凹・ポツポツ毛穴で悩んでる方なら、かなり心強い味方になるはずです。

今だけお試し10日間セットがたった1,000円(送料無料)でプレゼント付きです!

洗顔の正しい仕方

洗顔は次の手順で行います。

@髪の毛をまとめる
A蒸しタオルで毛穴を開く
Bぬるま湯ですすぎ
C洗顔料は適量
Dよく泡立てて皮脂の多いところから
E最後に皮脂の少ないところ、首筋まで
Fきちんと洗い流す
G拭くときはタオルで軽く抑える

ひとつずつ詳しく説明したいと思います。

≫@髪の毛をまとめる
髪の生え際は汚れがたまりやすいので、ヘアキャップやタオルを使い、髪の毛をしっかりあげて、顔全体が出るようしましょう。


≫A蒸しタオルで毛穴を開く
洗顔前に蒸しタオルを2〜3分間顔の上にのせて毛穴を開かせます。
こうすることにより、毛穴の奥にある皮脂や汚れを浮き上がらせることができるので洗顔がより効果的に行えます。

蒸しタオルの作り方は、濡れタオルをラップで包み、電子レンジで30〜60秒くらい温めるだけです。火傷には十分に気をつけてくださいね。

入浴時の場合は浴室内に熱気があるので、蒸しタオルをつくらなくても大丈夫です。


≫Bぬるま湯ですすぎ
蒸しタオルで浮き上がらせた汚れを洗い流します。
ぬるま湯で2〜3回すすぐだけで十分です。


≫C洗顔料は適量
クレンジング剤と同じで、用量を必ず守り、適量を出すようにしましょう。少なすぎると、肌を傷めることになります。


≫Dよく泡立てて皮脂の多いところから洗顔
できるだけ、肌に密着するように、きめ細かい泡を作るようにしましょう。市販のネットなどを使うととても簡単に泡立たせることができますよ。

顔を泡で包み込むようなイメージで洗顔していきます。力を入れてこすったりするのは厳禁です。泡で汚れや油分を浮き上がらせて一緒に洗い流すために洗顔するので、なじませるだけで十分肌を綺麗にすることができます。

最初は皮脂の分泌が多いTゾーン、Uゾーンに螺旋を描くように泡をなじませていきます。


≫E最後に皮脂の少ないところ、首筋まで
最後はデリケートな「目元→まぶた→こめかみ→下まぶた→目頭」の順番で泡をなじませていきます。

また、首筋は皮膚が薄く老化がでやすい場所になるので顔と同じように丁寧に洗うようにしましょう。

洗い方は、首の付け根からフェイスラインに向かって螺旋を描くように泡をなじませていきます。


≫Fきちんと洗い流す
ぬるま湯で丁寧に洗い流します。髪の生え際は洗顔料が残りやすいので気をつけるようにしましょう。

洗い流すときは、顔にお湯をかけるように洗うのが肌には良い洗顔になるので、意識すると良いと思います。
すすぎは、20〜30回繰り返して、丁寧に肌をこすらなないように気をつけてください。
シャワーを直接顔にかけるのもあまり良くありません。

≫G拭くときはタオルで軽く抑える
顔を拭くときは軽く抑えるようにして水分をふき取ってください。
洗顔後の肌は特にデリケートになっているので、こするとタオルの繊維で肌を傷つけてしまします。

水分をふき取ったら、できるだけ早く肌に潤いを与えてあげてください。

スポンサード リンク