肌荒れ時のメイク「のり」を良くする方法

毛穴が気になる方へ*オススメ化粧品*
毛穴を目立たなくしたい方に!草花木果の「透肌スキンケア」

ご存知、毛穴を目立たなくしてくれる超人気化粧品。 いっつも毛穴が開いてる方、凸凹・ポツポツ毛穴で悩んでる方なら、かなり心強い味方になるはずです。

今だけお試し10日間セットがたった1,000円(送料無料)でプレゼント付きです!

肌荒れ時のメイク「のり」を良くする方法

肌が荒れて乾燥してくるとメイクの「のり」が悪くなってしまいます。
そんな時、原因も分からずスキンケアできないから厚化粧をする、なんて事をしてしまうのはいけません。
肌が乾燥してくるとバリア機能が低下して角質が厚くなるので美容液などもなかなか浸透してくれません。。。
では、どうすればいいのでしょうか。

それは「保湿パック」です。
保湿パックは、角質層の奥の奥までうるおいを与えてくれますので、メイクの「のり」が悪いときには即効ケアとしておすすめです。
最近ではシート状の保湿パックを利用する人が増えていますが、昔から売られている固まるタイプの保湿パックの方が効果があるようです。

なぜパックが肌の奥までうるおい分を浸透させてくれるかというと、肌を密閉することで表面から水分蒸発を防いでくれるからです。
ですから、完全に肌を密閉することのできないシート状のパックでは、若干ですが水分が蒸発してしまうので、固まるタイプのパックのほうが保湿効果は高いということです。

固まるタイプのパックとは、肌にのばすと石膏のように固まって、後から水で洗い流すタイプの保湿パックのことです。
乾燥しやすい冬場には週に2回くらい保湿パックをするのが理想的です。

メイクの「のり」が悪いときは外出する気分の「のり」まで悪くなり、気持ち的にも沈んでしまうと思います。そうならないためにも、普段からしっかり保湿ケアをしてお肌にも良いメイクを心がけていくことが大切です。

スポンサード リンク